ブログ

タイトル考え中。MBTI、ソシオニクス、その他好きなことを自由に書いていきます。

ソシオニクス入門②~モデルA~

f:id:swpc5hate:20161117183802j:plain

MBTIの相性論でおなじみ(?)のソシオニクス入門2回目です。

今回からはモデルAというソシオニクス独自の精神構造について紹介していきます。そもそもソシオニクスって何?という方は前回の記事からお読みください。 

続きを読む

ソシオニクス入門①~MBTI相性論の正体~

f:id:swpc5hate:20161025162428j:plain日本MBTI協会の出版している書籍には「MBTIは相性をはかるツールではない」と明記されている、にも関わらず、こんなに相性論が普及しているのは何故なのだろうとしばらく疑問に思っていました。ファンによる独自研究と考えるにはあまりに体系的であり、素人の犯行ではないだろうと思っていました。

しかしつい先日、謎が解けました。MBTIの派生理論でソシオニクスという理論があり、それが相性に関わるダイナミクスを扱っているようです。つまり…私がしばらくハマっていた理論は厳密にはMBTIではなくソシオニクスだったらしい!

続きを読む

自分に合う◯◯を選んだらかつてないほど褒められる。

f:id:swpc5hate:20161007132450j:image

しばらくMBTIの相性論についての記事を書いているのですが、スランプ気味なので、今回は別の記事を書こうと思います。

物事の選択には2種類あると以前記事にしました。

今回、このときとはまた少し違った視点から、2種類の選択について考えました。大雑把にわけて①やりたいかどうかと②できるかどうかの2つです。MBTIの機能で言えば、①はF(感情)であり、②はT(思考)にあたります。

続きを読む

超自我関係――母とは傷を抉り合っていたのかもしれない。

今日は、不仲な母について話します。

私は、ずっと母に意地悪をされているように感じていました。親戚の集まりの場で身長が伸びたことを報告したときも「背が低いいとこの気持ちも考えろ」と怒られ、テストで100点とっても「妹が傷つくから見せちゃダメだよ」と注意されました。要求し続けた末にやっと買ってもらった――私が勝ち取った携帯電話やコンタクトレンズを、妹は当然のように与えられました。私が母のご飯に丁寧に感想を言うと怒鳴られましたが、妹が文句(にしか思えないこと)を言うとそれは貴重な意見として受け取られました。何より、私がやりたいことはいつも反対されました。

続きを読む

決めないと決めた――今後の進路について

案の定、留年しました

個人的な話になりますが、卒業式を前にして、留年することがわかりました。“単位の計算ミスで卒業できなかった知り合いの知り合いの知り合い”という都市伝説は何度か聞いたことがありましたが、まさか自分がそうなるとは………いえ、思っていました

続きを読む

骨格診断®をやってみた。

一昨日、骨格診断®というものを知りました。骨格の特徴から似合う服装とそうでない服装がわかるというものだそうです。服選びが驚くほど苦手なので興味を持ち、ためしにネットの簡易診断をやってみました。そこで感じたことをいくつか記録しておきます。

続きを読む

2つのまなざしと恐れ②(P型編)

f:id:swpc5hate:20161120184940j:plain

 前回の続きです。

 まずは上からお読みください。J(判断)型についての記述ですが、P(知覚)型の理解にも繋がることと思います。また、これから語ることは筆者一個人の解釈にすぎないということもご了承ください。

続きを読む

2つのまなざしと恐れ①(J型編)

f:id:swpc5hate:20161120185014j:plain

 昨日、ISTPの友人と遊びました。ISTPとINFJ(筆者)は、ほとんど真逆の性格に思えますが、構成する要素が同じなのでなかなか学びの多い関係です。

 ところで、ISTP氏が「他人の目を気にする代わりに自分の目を気にしている」と言ったのが、筆者にとっては非常に印象的でした。判断機能については既に論じていますが(→心的機能の表と裏(判断編))、このときの解釈とはまた違った解釈が浮かびあがりました。今回のJ型編と次回のP型編の2回にわけて論じてみたいと思います。念のため、あくまで筆者の勝手な解釈であることをご理解ください。

続きを読む

『her/世界でひとつの彼女』――愛という素敵な嘘――

 Amazonビデオで映画を無料視聴できることを知り、ためしに映画『her/世界でひとつの彼女』を観てみました。

  評価がさほど高くなかったので期待していなかったのですが、完全に裏切られる面白さだったので、細やかな感想を残しておきたいと思います。

続きを読む

心的機能の表と裏②(判断編)

前回の続きです。

今回紹介するのは、③外向Fと内向T、④外向Tと内向Fの判断ペアです。

続きを読む