ブログ

タイトル考え中。MBTI、ソシオニクス、その他好きなことを自由に書いていきます。

第1機能、主導する機能

今日は自我ブロックの1つ目の機能である、主導する機能を紹介します。人生観、アイデンティティのようなものがかかわります。その名の通り、主導者、つまりリーダーのような役割を果たしている機能です。

ソシオニクスの「自我」ブロックとは?

ソシオニクスはモデルAという構造をもち、そこには4つのブロックがあり、さらに第1機能から第8機能と分かれている…ということはすでに何度も紹介していることです。しかし、各ブロックや各機能の詳細な説明はこれまであまりしてきませんでした。

恋愛スタイル(侵略者、犠牲者、保護者、子供)

ソシオニクスの相性は何も恋愛に限ったものではないのですが、ふだん相性が語られるのは、圧倒的に恋愛に関する場面なのではないかと思います。そういうわけでソシオニクスでも何人かの研究者が各タイプの恋愛にフォーカスをあてて論じています。今日はその…

協力関係、猫になったりねずみになったり。

ソシオニクスの相性については何だかんだで半分くらい記事にしていますね。今日は協力関係Businessです。英語だとCooperationとかLook-likeという呼び方もあるみたいですが、Businessが一番冴えたネーミングだと感じます。

超自我関係、私の理想像。

今日は超自我関係Super-egoを訳したので紹介します。年末年始に帰省して、夏ぶりに超自我関係の母を含む家族と話しましたが、たまに会うくらいなら喧嘩もすることなく穏やかに関われるなと改めて実感しました。

ソシオニクスのユング式タイプ診断を紹介するよ。

あけましておめでとうございます。2018年はソシオニクスの理解をもっと深めていけたらなと思っています。ブログについても試行錯誤していくのでどうかごひいきに。今日は初心にかえって、簡単なタイプ診断をご紹介します。

同属関係、裏切り裏切られ。

年末ということで帰省しています。2017年は卒業、引っ越し、進学…と、環境がガラッと変わった1年でした。2018年もどうかよろしくお願いします。今日は同属関係Kindredを訳してみました。

同一関係、あなたは私?

メリークリスマス。今日は同じタイプ同士の関係、同一関係identityについてです。指導教官がおそらく私と同じIEI(INFJ)なのですが、先日、何の前触れもなく狂ったようにメッチャ汚い研究室の掃除をしはじめ、学生にざわつかれていたのが面白かったです。他…

タイプと外見④~ESE・EIE・LIE・LSE編~

タイプの外見の観察を紹介するシリーズ、ラストです。今回はESE・EIE・LIE・LSEの4タイプを紹介します。外向で、判断機能を主機能にもつ合理タイプです。MBTIならE**Jのみなさん。

タイプと外見③~LII・LSI・ESI・EII編~

V.Gluenko(LII)による外見観察、第3弾。今回は判断機能を主機能にもつ内向型、MBTIで言えばI**P、ソシオニクスで言えば、LII・LSI・ESI・EIIの4タイプを扱います。

タイプと外見②~SEI・IEI・ILI・SLI編~

Gluenko(LII)による外見の観察結果を訳しています。今回はSEI(ISFJ)・IEI(INFJ)・ILI(INTJ)・SLI(ISTJ)です。ソシオニクスでは、内向・非合理タイプと呼ばれます。

タイプと外見①~ILE・SLE・SEE・IEE編~

賛否両論ありそうですが、ソシオニクスでは、タイプの外見にも一定の傾向があるのではないかとして、外見の観察がしばしば行われているようです。今回からはV.Gluenko(LII)による観察結果を、4回にわけて紹介していきます。

タイプ名の統一とサブタイプの導入

前回少しお話した通りなのですが、ブログ内で使うタイプ名の変更をしようかと思います。最初はMBTI流の表記のほうがわかりやすかったのですが、ソシオニクスにどっぷり漬かっている今となってはむしろ不都合なことが多いのかなと感じているためです。

分かり合えそうなのに。準同一関係

同期がINFPということもあり、最近INFPとの関係、JとPが反転したタイプ同士の関係に興味を持っています。これはソシオニクスでは準同一関係Quasi-identityと呼ばれます。今回はこの準同一関係について調べてみました。

相性の良さは他人には見えないのかもしれない

前回まで、8通りの双対関係を訳してきました。私がそこで思ったのは、相性の良さに8通りもあるのなら、はたから見れば仲が悪く見えるということもありうるのだろうなということです。今回はそこを掘り下げて考えたいと思います。

真・最高の相性⑧~INFP&ESTJ編~

お待たせいたしました。真・最高の相性こと双対関係、最終回です。ラストを飾るのは、INFPとESTJのペアです。今回、双対関係の記述を訳して、ソシオニクスの予定調和な世界観に恍惚としてしまいました。

真・最高の相性⑦~ENFP&ISTJ編~

今回と次回でデルタ・クアドラの双対関係を訳します。今回はENFPとISTJです。ISTJって一見堅物なのにカワイイ人やカワイイキャラが好きなイメージがあるんですが、ENFPにカワイイ猫耳をつけてみたのは正解だったかもしれません。

真・最高の相性⑥~ISFP&ENTJ編~

これで6回目、真・最高の相性こと双対関係です。前回に引き続き、ガンマ・クアドラのSFP×NTJです。今回はISFPとENTJを紹介します。実はISFPの友人がたくさんいる一方、ENTJの知り合いはほとんどおらず、自分の中でENTJの像をうまく結べていないところがあり…

真・最高の相性⑤~ESFP&INTJ編~

10月ですね。玄関を出たときに冬のにおいがしてわりと絶望しました。何にもしてなくても夏は終わるし冬は来る…。さて、今回は真・最高の相性こと双対関係、第5弾。ESFPとINTJを紹介していきます。

真・最高の相性④~ISTP&ENFJ編~

真・最高の相性、4回目です。今回はISTP&ENFJを紹介したいと思います。バナナマンの設楽さんが好きで前に調べたことがあるんですが、某掲示板では設楽さんがISTP、日村さんがENFJとか言われているみたいですね~。そうだったらカワイイなぁ~。

真・最高の相性③~ESTP&INFJ編~

今回は真・最高の相性こと双対関係、第3段です。ESTP&INFJを紹介します。ここ数日「2048」というゲームをず~っとやっています。久々にやっても楽しい。ちなみに昨日の日記ですが、半分くらいこのゲームの話だったりします。数字大きくなっていくほど身動き…

【日記】決断はいつも準備不足

決断するということは、準備不足を恐れないことかもしれない。目の前の足場が崩れない証拠をいくら集めて備えたとして、足を一歩前に出さない限りは先には進めない。決断は常に準備不足であり、準備にはいつも決断が欠けている。

真・最高の相性②~INTP&ESFJ編~

真・最高の相性こと双対関係、第二弾です。今回はINTPとESFJ編です。いや~もう9月も終わっちゃいますね。今年の夏は夏らしいこと全然できなかったな…。というよりもいい加減研究に本腰を入れなければいけません…。

真・最高の相性①~ENTP&ISFJ編~

過去、ソシオニクスの誤読に基づいた相性論を参考に記事を書いていたことがあります。しかし今回、その誤った情報を自分のブログに残し続けることへの我慢が限界を迎えましたので、一部の記事を一旦非公開にすることにしました。

4つのクアドラ~ガンマとデルタ編~

前回の続きで、ガンマ・クアドラとデルタ・クアドラについてまとめます。ところで、ひよこのアクセサリーつけるのとても楽しいです。例えばINFJは無力さとか物質への無関心さとか総合的に考えて「アクセサリーつけなくていいか」ってなったわけなんですが、…

4つのクアドラ~アルファとベータ編~

最近アイキャッチ画像を作るのにハマっています。といっても今性能の良い加工ソフトを持っていないので、Wordとペイントを駆使してなんとかしているわけなんですが、手間がすごい。無駄な努力。いい加減Photoshopか何かを買いたいところです。

双対関係――これが本当の最高の相性だ!

ESTJ氏と絶縁したショックを未だに引きずっているのですが、そんな中で出会った人がESTPでした。ESTPは私の双対関係にあたります。理論上相性は良いとわかっていましたがそれでもやっぱり半信半疑でした、が、なんかもしかして相性本当にいいのかもね?と感…

イキれっっ!!~盲点の外向S~

前回の続きです。謙虚にしていないと叩かれる、でも自分のポテンシャルは知っておいてほしい…そんなとき私に足りないものは「イキり」でした。

謙遜なんてしたくない!!~仮面の内向S~

ある人からこんなことを言われました。「INFJって謙遜が激しいわりに、それを真に受けると怒り出すよね」――わかる。正直、謙遜のつもりで言ったことをそのまま受け取られて怒らない人なんているの?と思うくらいです。 今回からは、2回に分けて、ソシオニク…

幻想関係、「本当のあなた」は見えぬまま

先日、ENTP氏と相性についての議論が白熱したので、ENTPとINFJの相性である幻想関係も訳してみることにしました。シリーズ化するつもりなかったんですけどね、最初からシリーズ化を決めて売るゲームソフトがあるかよって話ですよ。ちがうか。