ブログ

タイトル考え中。MBTI、ソシオニクス、その他好きなことを自由に書いていきます。

相性

“最高”の相性、またの名を衝突関係

// 久々の更新になってしまいました。更新していない間にESTJ(推測)の知り合いができ、急速に仲良くなったんですが、急速に険悪になり、なんと絶縁?しました。その間わずか3週間。ESTJと言えば私の「最高の相性」にあたるタイプですが、ソシオニクスでは…

相性の良いタイプとは何なのか考え直してみた。

私が最高の相性だと思ってきた組み合わせと、ソシオニクスで最高の相性である組み合わせでは齟齬がありました。そしてソシオニクスの相性にどうも納得がいかなかったのですが、なぜ納得がいかないのかについてよく考えてみることにしました。

ソシオニクス入門⑤~タイプの相性一覧~

23 MBTIの派生理論として紹介してきたソシオニクス入門も、ついに5回目です。そして今回が最終回となります。 前回、超イド概念を取り上げて、人が他者へと向かうのには必然性があり、そこからソシオニクスは他者との関係の分析へと接続するという話をしまし…

先生と生徒の関係――生徒、守りたい人②

前回(先生と生徒の関係──生徒、守りたい人① )の続きです。 「生徒」とは、①いつも自分の後ろをついてくる人であり、かつ②導いてあげたくなる人のこととしました。前回は①について解説しましたので、今回は②の分析に入ります。

先生と生徒の関係──生徒、守りたい人①

アクセス解析なるものの使い方がいまだによくわかっていないのですが、どうやら「MBTI 相性」という検索ワードでここのサイトに辿りつく方が多いらしいということは把握することができました。相性論は書いていて楽しいので、これからも続けていきたいと思っ…

先生と生徒の関係――先生、絶対に追いつけない人②

先生と生徒の関係――先生、絶対に追いつけない人①の続きです。 前回は、MBTIの2タイプの相性のうち、先生と生徒の関係というものを紹介しました。そこでは、「先生」を①常に自分よりも先を行っていてかつ②自分が追いかけたくなる人と定義し、①をタイプの持つ…

先生と生徒の関係――先生、絶対に追いつけない人①

MBTIのタイプ間の相性については色々言われているようですが、その中に先生と生徒の関係というものがあります。*1名前の通り、一方が先生として、生徒にあたるもう一方を導くような関係です。今回から数記事にわたり、この関係について、少し私なりの解釈を…

超自我関係――母とは傷を抉り合っていたのかもしれない。

今日は、不仲な母について話します。 私は、ずっと母に意地悪をされているように感じていました。親戚の集まりの場で身長が伸びたことを報告したときも「背が低いいとこの気持ちも考えろ」と怒られ、テストで100点とっても「妹が傷つくから見せちゃダメだよ…

MBTI®における最高の相性について④(ESFP&INTP、ESTP&INFP編)

MBTIにおいて最高の相性といわれる2タイプ。この組み合わせについて論じるのは4回目ですが、ついに最終回になります。今回はESFPとINTP、ESTPとINFPの2組を紹介します。

MBTI®における最高の相性について③(ESFJ&INTJ、ESTJ&INFJ編)

前回、前々回に引き続き、最高の相性と言われるタイプの組み合わせについて、個人的な解釈をしていきたいと思います。今回は、ESFJとINTJ、ESTJとINFJの2組について語っていきます。

MBTI®における最高の相性について②(ENFP&ISTP、ENTP&ISFP編)

前回に引き続き、MBTIの最高の相性と呼ばれる2タイプの組み合わせについて、解釈を与えていこうと思います。今回取り上げるのは、ENFPとISTP、ENTPとISFPの2通りです。

MBTI®における最高の相性について①(ENFJ&ISTJ、ENTJ&ISFJ編)

日本MBTI協会が出版している入門書によれば、MBTI®は決して相性診断ではないとのことなのですが、ある個人サイト(閉鎖されてしまいました)の相性論が非常に興味深かったので、それについて少し解釈を残しておきたいと思います。