モデルAを用いてタイプを記述する②〜ILI〜

モデルAを用いてタイプを記述するとどういう感じになるのかシリーズ第二弾です。前回はINFJでした。今回はINTJです。INTJはINFJと機能が半分かぶっていますので、つまりは半分が前回の記事のコピペということになります。ご容赦ください。