読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ

タイトル考え中。MBTI、ソシオニクス、その他好きなことを自由に書いていきます。

MBTI®における最高の相性について③(ESFJ&INTJ、ESTJ&INFJ編)

f:id:swpc5hate:20161128172600p:plain

前回、前々回に引き続き、最高の相性と言われるタイプの組み合わせについて、個人的な解釈をしていきたいと思います。今回は、ESFJとINTJESTJとINFJの2組について語っていきます。

ENFJとISTJ、ENTJとISFJ編は↓

前回のENFPとISTP、ENTPとISFP編は↓

で読めます。

あくまでMBTI®を学ぶ素人の解釈になります。正確な知識をお求めの方は、日本MBTI協会から出版された書籍をお読みください。

ESFJとINTJ

 

ESFJ――人々の今を応援する人たち

ESFJの機能:外向F→内向S→N→内向T

ESFJは、人々の幸せのために外向F)、知識や経験を活かす内向S)タイプです。いつも人の様子を気にかけ、礼儀正しく、積極的にいろいろな人と交流しようとします。

青年期には、人を幸せにするためには、相手の行動をよく覚えておくだけでなく、行動パターンから相手がこれからどうなるのか予想して動くN)ことも大事であると悟ります。

みんなが笑顔になってくれることが、ESFJの望みです。そのため、理にかなっているかどうか内向T)はこの際どうでもいいことです。良くない事実をありのままに語る人を見ると「なんでわざわざ雰囲気悪くするようなこと言うんだろう」と不満がたまります。

INTJ――理想に向かう人たち

INTJの機能:内向N→外向T→F→外向S

INTJは、自らのインスピレーションをより精緻なものにしていくため内向N)、社会全体への影響という視点から物を考える外向T)人たちです。未来から逆算して今を考えるので、行動は合理的で、周りにもそれを要求するところがあります。

青年期は、自分の洞察を価値あるものにするためには、自分や周りは今後どうなるべきかという視点だけでなく、自分や周りは今後どうなりたいのかという視点F)も必要だと感じるようになります。

長期的なビジョンをもとに行動するINTJにとって、物事を実際に経験したり観察したりする外向S)のは時間の無駄に思えます。また、刹那主義的な見方には我慢がならず、内心「精神的に向上心のないものは、馬鹿だ」と思っているかもしれません。

ESFJとINTJの相性

ESFJが温かい言葉と態度で接するとき、INTJ自分がどうなりたいのかについて考える機会を与えられます。そして、INTJが自分の発見した因果法則を語るとき、ESFJは、人の行動と気持ちがどう関連しているのかについてヒントを得ることができます。

INTJは、完璧主義です。自分の理想への固執から、強迫的に活動したり、感傷的になって人やモノに八つ当たりすることがあります。ESFJは、INTJ神経質になっていることにすぐに気が付きます。そして、INTJがリラックスできるような環境を整えてあげることでしょう。

ESFJは雰囲気を悪くしたくない一心で、自分にできるわけがないタスクを引き受けてしまったり、的外れなアドバイスをしたりすることがあります。ESFJ実現不可能な人助けをしようとしていることを、INTJは即座に見抜きます。そして、INTJESFJに対し、これから何をすべきなのかについて適切な助言を与えるでしょう。「それは君にはできないだろうから、断ったほうがいい」というように。

ESTJとINFJ

 

ESTJ――確実に結果を残す人たち

ESTJの機能: 外向T→内向S→N→内向F

ESTJは、社会全体の利益に貢献するために外向T)、自らの経験や知識を生かす内向S)タイプです。成果主義で、戦略的に行動するのが得意です。ところで、友人のESTJとオセロをやったことがあります。それはもう強かったです。

青年期になると、利益を生むためには、これまでのケースがどうだったかだけでなく、そこから今後どういうことになりうるかパターン化して考えるN)ことも必要だと思い始めます。

ESTJは今何をすべきかを重視するため、自分が何をしたいのか考えて動く内向F)のは苦手です。やるべきことをやらず夢ばかり見ている人を見ると、甘えていると感じます。

INFJ――人の未来を言い当てる人たち

INFJの機能: 内向N→外向F→T→外向S

INFJは、自らの内にあるビジョンに基づいて内向N)、人の幸福のために働きかける外向F)タイプです。かくいう著者がINFJです。未来から逆算して、今相手に何をしてあげるのが最善であるかを考えます。

青年期以降、自分の洞察を価値あるものにしていくためには、人のためになるかどうかだけではなく、それが論理的に正しいと言えるかどうかT)という視点の必要を自覚します。

未来をイメージすることには自信がありますが、今の様子を観察する外向S)のは苦手です。そのため、「世の中そういうもん」という現実主義的な言動は、思考停止した投げやりな態度であるように感じます。

ESTJとINFJの相性

ESTJのてきぱきとした行動とその成果を見ると、INFJ現象がどういう論理で変化していくのかについての悟りを得ます。また、INFJが自分のイメージを語るとき、ESTJは、青年期以降の課題である社会が今後どうなっていくのかについて学びます。

INFJは、理想を叶えてあげたい気持ちが強く、人に持論を押し付けたり、自分に賛同しない相手を激しく責めたてたりすることがあります。ESTJは、人のためと言いながら人を傷つけてまわるINFJの行動の矛盾を見抜きます。そして、INFJに対し、理想の実現のためには今何をすべきなのか適切に助言することでしょう。

ESTJは、義務を全うすることにとらわれ、権威に無批判に従ったり、やみくもに人を批判したりすることがあります。INFJは、ESTJ厳しい態度をとるのは自分の不安を隠しているためであると確信します。そして、ESTJの不安を取り除こうと親身になって話を聞き、適宜気持ちを代弁してあげるかもしれません。

 

義務感にとらわれ考えることを忘れてしまう人たちと、理想にとらわれやるべきことがわからなくなってしまう人たち。2つのタイプが協力すれば、明るい未来は本当に実現するかもしれないですね。

 

  続き。最終回です。→

sw8pc5.hatenablog.com

 

広告を非表示にする