ブログ

タイトル考え中。MBTI、ソシオニクス、その他好きなことを自由に書いていきます。

先生と生徒の関係――先生、絶対に追いつけない人②

先生と生徒の関係――先生、絶対に追いつけない人①の続きです。

前回は、MBTIの2タイプの相性のうち、先生と生徒の関係というものを紹介しました。そこでは、「先生」を①常に自分よりも先を行っていてかつ②自分が追いかけたくなる人と定義し、①をタイプの持つ機能によって分析しました。今回は②の分析に入ります。

以下は一覧表です。そのタイプが一番得意とする機能のことを、第一機能として、横に記しておきました。

 

先生(第一機能) 生徒(第一機能)
INTP(内向T) INFJ(内向N)
INFJ(内向N) ISFP(内向F)
ISFP(内向F) ISTJ(内向S)
ISTJ(内向S) INTP(内向T)
INFP(内向F) INTJ(内向N)
INTJ(内向N) ISTP(内向T)
ISTP(内向T) ISFJ(内向S)
ISFJ(内向S) INFP(内向F)
ENTP(外向N) ESTJ(外向T)
ESTJ(外向T) ESFP(外向S)
ESFP(外向S) ENFJ(外向F)
ENFJ(外向F) ENTP(外向N)
ENFP(外向N) ESFJ(外向F)
ESFJ(外向F) ESTP(外向S)
ESTP(外向S) ENTJ(外向T)
ENTJ(外向T) ENFP(外向N)

前回に引き続き、今回も機能の内実にはまったく触れていません。抽象的でわかりにくいかもしれませんので、心的機能の表と裏(情報収集編)心的機能の表と裏(判断編)を読み、ニュアンスだけでもつかんでおくことをオススメしています。

②自分にとって追いかけるに値する人

 

尊敬にはいろいろな形があると思っています。たとえば、「自分はやりたくないけど、そういうふうにできる人は尊敬する」という類いのものがあります。超自我関係にあたるタイプ(真ん中2文字だけ異なる)や、真逆のタイプ(4文字とも異なる)に対しては、このような尊敬を感じることが多いかもしれません。

しかし、先生に向けられる尊敬はそういうものではありません。先生が先生であるためには、追いかけられねばならないのです。「すごいとは思うけど、自分はそうはなれないわ」と思う相手を追いかけはしません。だから、先生は自分の延長軸上に位置するような、つまり自分と近いが自分よりも上であると感じさせるような価値観を持っている必要があります。

  先生: INTP(内向T→外向N→内向S→外向F)

  自分: INFJ(内向N→外向F→内向T→外向S)

まず近い価値観を持っていると感じるには、自分の第一機能を先生も得意としていなければなりません。第一機能は、自分がいちばん得意で重視している機能だからです。上の例を見れば、自分も先生もそれぞれ1、2番目にNを持っていることがわかります。

さらに大切なことは、先生の2番目の機能が3番目の機能によって支えられていることです。内向(狭く深く)と外向(広く浅く)の違いは、時に衝突を生みます。たとえば、深い内向Nを持つINFJは、外向Nの浅さに若干の抵抗感を持ちます。しかし、INTPの外向Nは内向Sによって裏付けられており、INFJから見ると浅さを感じません。先にも述べた通り、ある人から見るならばINTPの内向Sは不十分なのですが、INFJにはそれがわからないためです。INTPのNは、INFJには広くて深いNとして映っており、それゆえINFJは自慢のNにおいてもINTPにかなわないと感じるのです。

 

以上、先生について分析しました。次回は、「生徒」とはどういう人なのか考えていきます。

続き→