読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ

好きなことについてひたすら語るブログです。

先生と生徒の関係──生徒、守りたい人①

 アクセス解析なるものの使い方がいまだによくわかっていないのですが、どうやら「MBTI 相性」という検索ワードでここのサイトに辿りつく方が多いらしいということは把握することができました。相性論は書いていて楽しいので、これからも続けていきたいと思っています。

 さて、前回(先生と生徒の関係――先生、絶対に追いつけない人② )、前々回(先生と生徒の関係――先生、絶対に追いつけない人① )に引き続き、先生と生徒の関係について紹介します。今回からは、2記事に分けて、「生徒」とはどんな人なのかについて考えていきたいと思います。

 以下は、恒例の一覧表です。第一機能とは、そのタイプが一番得意とする機能のことです。

先生(第一機能)生徒(第一機能)
INTP(内向T) INFJ(内向N)
INFJ(内向N) ISFP(内向F)
ISFP(内向F) ISTJ(内向S)
ISTJ(内向S) INTP(内向T)
INFP(内向F) INTJ(内向N)
INTJ(内向N) ISTP(内向T)
ISTP(内向T) ISFJ(内向S)
ISFJ(内向S) INFP(内向F)
ENTP(外向N) ESTJ(外向T)
ESTJ(外向T) ESFP(外向S)
ESFP(外向S) ENFJ(外向F)
ENFJ(外向F) ENTP(外向N)
ENFP(外向N) ESFJ(外向F)
ESFJ(外向F) ESTP(外向S)
ESTP(外向S) ENTJ(外向T)
ENTJ(外向T) ENFP(外向N)

  前回同様、今回も機能の内実にはまったく触れていません。抽象的でわかりにくいかもしれませんので、心的機能の表と裏(情報収集編)心的機能の表と裏(判断編)を読み、機能のニュアンスだけでもつかんでおくことをオススメしています。

 

 

生徒って、どんな人?

 前々回、「先生」とは追いつきたくても決して追いつけない人のこととしました。すると、先生と対になる「生徒」のことは、追いついてほしいのに決して追いついてくれない人と言うことができます。つまり、生徒は、①いつも自分の後ろをついてくる人であり、かつ②導いてあげたくなる人のことなのです。

①いつも自分の後ろをついてくる人

 いつも自分の後ろをついてくる、言い換えれば、自分の前を行くことがないのが生徒です。「先生」の回でもそうでしたが、今回も、尊敬という言葉を説明に使いませんでした。生徒でなくても尊敬してくれる人はいるからです。やはり「先生」の場合と同様、「尊敬できるところもあるけど、できないところもある」というような、部分的な尊敬をお互いに向け合う対等な相手が、それにあたります。*1しかし、生徒は対等な関係ではなく、常に自分の後ろをついてくるような存在なのです。

 

  自分: INFJ(内向N→外向F→内向T→外向S)

  生徒: ISFP(内向F→外向S→内向N→外向T)

 構造は「先生」回の①と同じです。上の例は、自分(INFJ)と生徒(ISFP)の持つ4機能をそれぞれ得意順に並べたものです。自分が1番目に持つ機能(内向N)を、生徒は3番目に持っています。1番目の機能はもっとも得意とする機能で、3番目の機能は苦手意識があり改善したいと思う機能です。ここから、生徒とは、自分が当然のようにできることをなかなかうまくできない人と言うことができます。先生とは、自分が頑張ってもなかなかうまくできないことをさらっとやってのける人なのでした。先生から見た自分は生徒なわけですから、視点を逆にしただけのことですね。

 さらに残酷なことに、自分には生徒の長所がよくわからないというところが、部分的な尊敬を向けてくる相手とは違うところです。上の例で言うと、ISFPの長所は内向Fと外向Sです。しかし、残念ながらISFPの長所はINFJに理解されません。まず、ISFPの狭く深い内向Fについては、INFJは2番目に広く浅い外向Fを持っているため、狭さが気にかかります。自慢の深さに関しても、INFJは狭く深い内向Tを勉強中であるため、さほど魅力的には感じられません。そして、ISFPのもう1つの長所である外向Sは、続く②にもかかわることですが、INFJにとっては内向Nの未熟さとして映ってしまっています。現にISFPは、内向Nの発達が不十分なために、しばしば外向Sをうまくコントロールできないのです。

 

 このように、先生は生徒の良さを理解できないにもかかわらず、生徒を突き放すことをしません。それはなぜなのでしょうか。その答えは、次回明らかになります。

 

*1:1文字目だけが一致する2タイプ(例: ESFPとENTJ)の間でそういう部分的な尊敬が見られます。