ブログ

タイトル考え中。MBTI、ソシオニクス、その他好きなことを自由に書いていきます。

4つのクアドラ~ガンマとデルタ編~

f:id:swpc5hate:20170827015326p:plain

前回の続きで、ガンマ・クアドラとデルタ・クアドラについてまとめます。ところで、ひよこのアクセサリーつけるのとても楽しいです。例えばINFJは無力さとか物質への無関心さとか総合的に考えて「アクセサリーつけなくていいか」ってなったわけなんですが、やりがいすら感じました。(笑)

 

前回のアルファ・クアドラとベータ・クアドラの記事↓ 

 

では、早速見ていきましょう。

3. ガンマ・クアドラ

f:id:swpc5hate:20170828134601p:plain

ガンマ・クアドラは、ESFP、ISFP、INTJ、ENTJからなるクアドラです。決断力があり、真面目で、庶民的です(decisive, serious and democratic)。

重視する価値観

ガンマ・クアドラが重視するのは、外向T+内向N(NTJの自我、SFPの超イド)と、内向F+外向S(SFPの自我、NTJの超イド)です。

  • 効率と利益に関しては、短期的な視点よりも長期的な視点を重視する。自分の利益よりももっと広い利益を目指すので、自己犠牲的である。
  • 今後有益になりうる出来事や仕事という見地から、今の状況がどう進展するかについて語りたがる。
  • 事実的な情報にしっかりと結びついているアイデアや概念に価値を見出す。
  • 道徳原則については強硬手段をとる。破る者は処罰し、復讐も辞さない。
  • 一度親密な関係が築かれたと感じると、誠意を重視する。
  • 人間関係については現実的に語りたがる。たとえば、マヌケ野郎がいつか素敵な人になるかもしれないとは思えない。

重視しない価値観

逆に、アルファ・クアドラ的な価値観には懐疑的です。外向F+内向S(=SFJ。NTJの超自我、SFPのイド)や、内向T+外向N(=NTP。SFPの超自我、NTJのイド)がそれにあたります。具体的には以下のような反応を示します。

  • 楽しみや感情的な関わりが目的のグループを作ったり維持したりはせず、生産的な活動をしたり真剣な議論ができるグループだけを真摯に受け止める。
  • 空気を壊さないためには対立を避けるのが一番だという考え方を拒絶する。問題解決のためには率直でありたい、少なくとも意見の不一致について話し合いたい。
  • 祝日のような「特別な日」の雰囲気に関わるのが難しい。
  • あまり実用的でなかったり現実との関連性が薄いように思われるアイディアを深く探究することには意味を感じない。
  • ありうるシナリオや可能性を思索・分析するよりは、今の状況がどう発展するかや、その発展がなぜ起こるのかについて思索したり議論したりしたがる。

他クアドラからの評価

アルファ→ガンマ

アルファはガンマを、職場では特にそうですが、よそよそしく冷めていて敵対的ですらある用心深いタイプとみています。同時に、よく知っているかあるいは(性的にでも、あるいは権力や利益のためでも理由は何でもいいのですが)魅力的に感じる人と好きなことをして遊びたがるところもあるとみています。アルファはガンマの言葉はとげとげしすぎるし、想像力に欠けていて、将来の展望がなく、陰険で、容赦のなさや執念深さという意地の悪いところがあると感じています。

ベータ→ガンマ

ベータはガンマを、よそよそしく時折敵対的で批判的で、政治や仕事の状況を大局的に見ようとしない人たちと思っています。そしてガンマの政治的ナイーブさと道徳的な頑固さの組み合わせは、最終的にベータの目標達成を邪魔するかもしれないと感じます。ガンマとの社交は退屈で、冗談が通じなくて、執念深いと思います。ベータとガンマからなるグループはうまくなじみません。ベータは広く通じるジョークを言おうとするのですが、ガンマは極端に個人攻撃的なキツいジョークを放つのです。ガンマはみんなから自分のニーズを満たしてもらうことを好み、小さいグループを絶えず移ったり作ったりするのですが、ベータは一緒にい続けてほしいのです。ガンマはベータのことを、楽しむのを抑えつけようとしていると感じ、ベータはガンマのことを、楽しいグループを破壊しようとしているだけに思います。しかし、個人レベルだと、ベータとガンマはしばしばとても仲良くなり、政治や宗教や自然について議論します。両クアドラともに今を見ていて、次に何が起こるのかの予測を比べ合います。ベータは出来事を起こす普遍的な感情に、ガンマは客観的事実に着目するので、合意には至らないかもしれませんが、会話は面白いものになります。

デルタ→ガンマ

 

デルタはガンマを精力的で、個人的な人間関係や職場での人間関係において信頼できる人とみなしていますが、自分らしい人生を送りたい人への理解が十分ではないと感じます。ガンマは時々注文が多くなりすぎるあまり、受け入れたり許したりできなくなるくらい執念深く意地悪な人になることがあります。

4. デルタ・クアドラ

f:id:swpc5hate:20170828134628p:plain

最後はデルタ・クアドラです。ENFP、INFP、ISTJ、ESTJからなるクアドラで、思慮深く、まじめで、貴族的です(judicious, serious and aristocratic)。

重視する価値観

デルタ・クアドラが重視するのは、外向T+内向S(STJの自我、NFPの超イド)と、外向N+内向F(NFPの自我、STJの超イド)です。

  • たとえ私的な人間関係のような感情の領域においても、行動の合理性について語ったり、異なる方法の生産性(非生産性)を力説したりすることに意味を感じる。
  • 役に立ちかつ自分の心とも折り合うような、平和でリフレッシュできる活動に価値を見出す。
  • 目標達成のためには、運や憶測、皆の努力、強い主導力に頼るよりも、自分自身が勤勉でなければならないという哲学をもつ。
  • 感情を織り交ぜて自分の経験を語り合うのが好きだが、その場合でも洞察にみちていて芝居がかっていないやり方を用いる。
  • 成長するための新たな挑戦や、将来の計画や展望について話すのを好む。

重視しない価値観

デルタ・クアドラは、外向F+内向N(=NFJ。STJの超自我、NFPのイド)や、外向S+内向T(=STP。NFPの超自我、STJのイド)のような考え方は重視しません。つまりベータ・クアドラ的価値観には否定的で、以下のような反応を示します。

  • 熱い思いやビジョンを表現することはめったになく、かわりに何がしたいのかや何故したいのかを中立的な言葉で話すのを好む。
  • お芝居っぽさや感情的な影響を拒み、皮肉っぽいユーモアや控えめな言い回しをする。
  • 楽しみや感情的な関わりが目的のグループを作ったり維持したりはせず、生産的で安らぎをもたらす活動ができるグループだけを真摯に受け止める。
  • 気持ちを伝える際に詩的な表現を使うのを嫌い、感じたことや体の感覚について簡潔に述べる。
  • 何かを強制されたり、脅威的な敵に直面したり、厳しい規律に従ったりするようなプレッシャーの強い状況ではうまくやっていけず、すぐボロボロになってしまうので、もっと平和で歓迎される環境を探す。

他クアドラからの評価

アルファ→デルタ

アルファはデルタを思いやりがありクリエイティブだと思いますが、即物的で堅いとも思っています。デルタからのアドバイスは、好意的だけど簡単に割り切りすぎだし直接的すぎるとよく思います。アルファはしばしばデルタの原則や意見や優しい態度を尊敬します。しかし楽しい人というよりは、よく言えば立派、悪く言えば注文が多い人だと感じています。

ベータ→デルタ

ベータはデルタを、グループの中で決定したゴールを目指す気がなく、精力に欠け、倫理的にひとりよがりのどっちつかずであると思っています。ビジョンや集中的な努力を必要とするグループの活動を後援するよりも、デルタは個人的な計画にただ取り組むことを好むのです。ベータとデルタが同じ人数だけいるグループならやっていけます。いいことはありませんが、悪いことも起きません。デルタは個人的な見解を語るのですが、個人的になりすぎてしまうほどには快適さは感じられませんし、ベータは人を楽しませようとして広く通じるジョークを言うのですがデルタを怒らせるかもしれない無遠慮なジョークを言えるほどにはおどけきることはできません。しかしどちらかのクアドラが支配的になると、事は急速に悪化します。ベータはデルタに対して個人の感情を配慮しない図々しいふるまいをし、デルタはベータに対してあまりに弱々しく主観的になります。ベータは自分の見解や意見を非常に赤裸々に語りたがりますが、一方でデルタは自分の感情を害しうるような見解は心の中に留めておいてほしがります。

ガンマ→デルタ

ガンマはデルタを優しく好意的でクリエイティブな人と思いますが、多分、目先のことにとらわれすぎ、長期的な展望に伴う野心が欠けているとも思っています。同時に、ガンマが関わるに値しないとみなすような人に対してもデルタは優しくするので、お人よしすぎるとも思っています。

感想

ガンマ・クアドラについては、本文中にあったようにベータとなじまないからでしょうか、あまりグループ単位でかかわりを持つことがない印象ですし、ガンマに私が投げ込まれたらめちゃくちゃ場違い感を感じるだろうなとも思いました。ESFPと2人で会うことは意外と少ないのであれですが、ISFPもINTJもENTJも個人レベルでは仲良くできているので、そこも記述通りだなと思います。

デルタ・クアドラとの関係については、感情を傷つけたという点で心当たりが多くて気をつけなきゃなぁと思いました。そしてなんとなく自分はデルタが支配的な環境を選びがちかもしれないと感じました。飛んで火に入る夏の虫じゃないですが、自らデルタに飛び込んでしまうところがあるというか、やっぱりよくもわるくも一番意識してしまうクアドラなのかもしれません。