ブログ

タイトル考え中。MBTI、ソシオニクス、その他好きなことを自由に書いていきます。

ソシオニクスの「イド」ブロックとは?

f:id:swpc5hate:20180114224349p:plain

今日はソシオニクスのイドブロックを紹介します。イドについては厳しい天使に対抗する悪魔として説明したことがあります。ただ、ソシオニクスのイドは、本能的に身を守るといった役割もあるので、悪魔の比喩は不正確だったかもしれません。

 

超イド:

ブロックの大ざっぱな説明:

イドブロック

モデルAの4行目(⑦無視された機能と⑧証明する機能)は、イドブロックId blockと呼ばれます。人はイドの要素を比較的簡単で、やや退屈で無意味な作業なときには、自分のスキルに磨きをかけるのには良いけれども、それほどまでに集中する価値はないものだとみなします。

 

受動的なスキル――人はこのイドブロックを完全に使いこなすことができますが、これらのスキルは積極的で理性的な自己実現というよりはむしろ、有害な瞬間と危険な展開を予防するために使われます。このイドブロックで自分が何ができるのかにはあまり気づいていないし、興味もありません。イドブロックの主要な機能は、潜在的な危険や落とし穴に注意し、自分の基礎となるニーズを満たし、自分や自分と親密な人たちの生存を保証することです。イドブロックとずれている活動をしても、たいてい自分には利益がないし、社会的価値の高い成果は生まれません。通常、イドブロックを絶えず働かせ続けることはできません。イドブロックを働かせるには自我ブロックを制限して、始終自分を吟味したり批判したりしなければならないからです。

イドブロックは、自我ブロックと同じく「運動エネルギー」のブロックであり、恥や不安を知らない決断的で根気強いブロックです。しばしば疑念や心配を経験する「位置エネルギー」のブロック、つまり超自我ブロック超イドブロックとは対照的です。

 

短いのですがこのへんで。

次回: