ブログ

タイトル考え中。MBTI、ソシオニクス、その他好きなことを自由に書いていきます。

ガンマ・クアドラの恋愛~力を合わせて手に入れる。~

f:id:swpc5hate:20180305140755p:plain

何人かのソシオニクス研究者は、クアドラと恋愛スタイルに関係があると考えました。前回、前々回と、アルファ、ベータのクアドラの恋愛についてまとめました。今日は3回目、ガンマ・クアドラです。ガンマ・クアドラは、SEE・ILI・LIE・ESIの4タイプからなります。

前回:

ガンマ・クアドラについて:

見解①(by Meged)

 

ガンマ・クアドラは金銭的な問題によく気がつくのですが、それはお互いに物質的な利益があるかどうかを考えるからです。プレゼントをもらったり、仕事上の問題を解決するのを支えてもらったりすることに特別な意義を見出します。こういったことから好ましい雰囲気が生じ、同時に、ある種の性的な刺激が生まれます。しかし、一般には安定した関係を求めるガンマ・クアドラにおいては、理解し合えなかったり、度々疑念が生じたり、意見が対立したり、情緒不安定になったりして、危機や予期せぬ転機を迎えます。ガンマ・クアドラの生まれつきの情緒的な忍耐強さは、合理性や実用性と結びついて、こういった問題を対処する助けになります。2人の間では、不安定で性の色が強いのが通常パターンです――精神的にも身体的にも完全に1つになるときもあれば、仲違いすることもあります。ガンマ・クアドラは、さまざまな背景において、軽く抵抗しているふりをすることで興奮します。

見解②(by Boukalov)

ガンマ・クアドラの性はとてもダイナミックであり、しばしばアクロバティックなふるまいが特徴的です。SEEとILIの双対関係では、主導権はほとんどいつもSEEが握りますが、自分の感覚(Se)をILIを指導するために使います。ILIは、ただ手を思い切り引かれただけでも服従します。あるILIは、「もし自分が手を引いて連れて行かれたら、すぐ従おうと思います。抵抗せずパートナーの支配に服しますよ」と言っていました。ESIとLIEの双対関係について言えば、立場が何度も変わったり、感情が強烈に高ぶったり、短期間(例えば2、3日)にたくさんセックスしたと思えば、長いことクールダウン・リラックス・体力の回復にあてたりするのが特徴です。SEEはセックスしてから落ち着くまでがかなりはやい一方で、ESIは1、2時間はパートナーから撫でてもらわなければいけません。ESIとSEEの鏡像関係は、(ベータ・クアドラの)LSIとSLEの鏡像関係に似ています。つまりESIもかなり嫉妬深いのです。SEIとSEEの性的関係と比較するのも面白いです。両者は消火関係にあたりますが、真逆の関係とも呼ばれます。この関係では、特に内向型の場合、相手に対してすぐに無関心になるのですが、これは感覚と感情という面で相手の情熱を完全に消火してしまうからです。同じ消火関係でも、IEIとIEE、ILIとILEの場合は、こうした消火作用は比較的弱くゆっくりしています。彼らは直観型であるため、感覚があまり意識されないからです。

サブタイプ別の特徴

SEE

Se-SEE

かなり矛盾した態度をとります。とげとげしくて強引かと思えばその次には、愛情深くて思いやりがありそつがない人になっています。情緒的であり、ジェスチャーをしたりじっと見つめたりして、自分の感情は態度でドラマティックに示します。予測できない反応をするのも特徴的です。かなりせっかちで、自分の気持ちを形にしてあらわそうと努めます。Se-SEEは、将来有望なのに何がしたいのかがあまり固まっていない人が好きです。性に関しては独創的です。すぐ怒り、傷つきやすく、気まぐれです。気遣ってもらえたり、優しくてもらえたり、機転を利かせてもらえるとありがたく思います。理想の相手探しは長いこと続くかもしれません。パートナーとして、賢く忍耐強く従順であり、水に流す方法と必要なことを実現する方法を知っていて、手段に対しり批評眼があり、自分を退屈させない人が必要です。

Fi-SEE

柔らかいけれども粘り強い人です。いつも自分の望みをわかっていて、それをどうしたら実現させられるかを知っています。洗練されていて、美学があり、礼儀正しいことに価値を認めます。セックスにおいては主導権をとることはできますが、相手が主導権をとるのを待つこともあるかもしれません。共感できない感情を押し付けられるのを嫌います。たとえリーダーを目指したがっていても、家族はつくろうとします。平穏と秩序を好むので、付き合う相手はこれらを生活に取り入れてあげなければいけません。居心地の良さと快適さのために努め、十分に勤勉で活発であり、進んで行動します。冷静で合理的で働き者、家族を養い尊敬を得る方法を知っているパートナーが必要です。そういう人がいなければFi-SEEは1人で生きていくことでしょう。

ILI

 

Ni-ILI

内心は繊細で、疑ったり狂ったりしがちです。他人の弱点は大目に見て、自制できなくなることはめったにありません。穏やかで調和した関係のために努力します。セックスにはやや自信がなく、疑い深くて慎重です。長期的なアプローチや、セックスに至るまでの準備期間、他に愛されているという証拠が必要です。最大限の感動を味わうためには、愛する人を少しくらい“虐めても”構わないと考えています。理解してほしい、尊敬してほしいと思っています。楽観的でそつがなく、説得するのが上手で、あらゆる疑念を払いのけることのできるパートナーが必要です。セックス中は、相手が主導権を握ってくれるのを待ちますが、相手が主導力を示さない場合には誤解されてしまうことがあります。

Te-ILI

積極的で決断力と冒険心のある人を評価します。感情面では、分別があり、頼もしく、節操があります。物質的にも精神的にも快適で、秩序があり、家計の管理がなされていることを大いに重視します。ある種の自由はパートナーに与えますが、極端な行動は嫌い、関係は安定させようとします。情緒的な準備や高度なセックスのテクニックを好みます。自身の主導力を奨励してくれるパートナーが必要です。Te-ILIは、気ままで現実的で、家族の繁栄と幸福を強固なものにできる人に感銘を受けます。このような人とは、合理的に歩み寄ることで関係を築きます。

LIE

Te-LIE

Te-LIEのセックスへの態度は、やや保守的で合理的です。倫理的に優れていることを重視し、安定していて長続きする関係のために努力します。主に1人の相手と、シンプルで健康的な性生活を送ろうとします。相手が喜んでくれたり満足してくれたりすることがTe-LIEにとっては大切なのです。怒りっぽく、嫉妬と独占欲を抱きやすいです。そつがなくて繊細で、感受性の強いパートナーが必要です。真面目で、ほどほどに情緒的で、自分を理解してくれる人が好きです。Te-LIEのパートナーは、寛大であり、また、セックスの感動を多様なものにできる人である必要があります。

Ni-LIE

自立していてロマンティックで、予測不可能な反応をします。気持ちやパートナーをころころ変えたがります。せっかちで、事を急ぎ、性的な関係を結ぼうと焦りがちです。愛情深くて優しく、相手の気持ちを考えます。ユーモアのセンスがあり、ユーモアやジョークにすることで気持ちを表現します。大胆であり、主導権はためらうことなく握り、互恵性を重視します。すぐに怒り、直情的です。互恵的な感情に自信がなくなると、他の相手を見つけて親密になろうとするかもしれません。意志が強く、自分を支えてくれる人を必要とします。勤勉で、性的関心が強く、頼もしいパートナーの支援を求めます。

ESI

Fi-ESI

安定していて長続きする正直な関係を好みます。じっと見つめたり言葉にしたり気遣ったりすることで気持ちを表現します。細部にまで気配りが行き届き、注意深く、油断しません。あまり注文が多くないパートナーを必要とします。文句を言わない人は勤勉にちがいなく、秩序をつくり快適さを追求し成功をおさめることや、そういう生活を維持することに興味があるはずだからです。Fi-ESIと付き合う相手は、楽しい手段をとりつつも、気持ちや愛情には誠実であらねばなりません。さもなければ、関係は崩壊し、どんな説得や歩み寄りも無視されてしまうかもしれません。

Se-ESI

情緒的で、たいてい自分の感情は抑えていますが、もしパートナーが主導権を握るのが難しい場合には主導権をとることができます。ただしそれは感情面での互恵に自信がある場合に限られます。隠れたコンプレックスがたくさんあります。Se-ESIには、くつろいだりのびのび行動したりすることは難しいです。このせいで、セックスにも無関心に見えるかもしれません。ロマンティックにかつ現実的に、愛されている証拠を示してもらう必要があります。また、主導権をとってくれて、気持ちを信頼してくれるパートナーが必要です。Se-ESIは、柔軟でダイナミックで、緊張や疑念をふざけながら取り除くことができる、物事の明るい結果に自信を持っている人々に感銘を受けます。