いざよいブログ

主にソシオニクス・MBTIについて発信するIEI(INFJ)によるブログ。

ベータ・クアドラの恋愛の特徴についてまとめてみた。

f:id:swpc5hate:20180305140003p:plain

前回、アルファ・クアドラの恋愛の特徴をまとめました。今回はベータ・クアドラの恋愛の特徴を紹介します。ベータ・クアドラは、SLE(ESTP)IEI(INFJ)EIE(ENFJ)LSI(ISTP)の4タイプからなる価値観が似た者同士のグループです。

 

前回:

ベータ・クアドラについて:

ベータ・クアドラの恋愛 by Meged

ベータ・クアドラの恋愛のモットーは、「耐えて勝つ」です。

ベータ・クアドラの特徴は、気持ちの強さをためしたがるところです。不信感のために、嫉妬心と独占欲がともなう強固な関係を築きたがるようになります。信頼関係が築けていないときには――深くて激しく時々芝居がかった経験のせいで、しょっちゅう喧嘩しては仲直りします。このような情緒不安定な状態は、矛盾に満ちています。バランスを保つには、相手を抑えつけつつ相手に服従しなければいけないのです。ベータ・クアドラの性は、真面目で情熱的な雰囲気に特徴があります。しばしば、一方が他方が期待しているのとは真逆の行動をするのですが、その結果、予期せぬ感情が突然沸き起こり、行動と感情のずれが際立つことになります。ベータ・クアドラは、強引で防衛的なふるまいをされるときに、性的な興奮をおぼえるのです。

ベータ・クアドラの恋愛 by Boukalov

ベータ・クアドラの性の特徴は、(アルファ・クアドラとは)かなり異なっています。ここで、(アルファ・クアドラのように)優しく触れたり撫でたりするとベータ・クアドラの人たちは無関心になります。かわりに、彼らは相手の肌に強い印象を残そうとするのですが、それは相手を抱き寄せてきつく抱きしめるところに見てとれます。感覚型のSLEとLSIはとても嫉妬深いです。相手が浮気していると考えて、生活がだめになるかもしれません。EIEのウィリアム・シェイクスピアの『オセロ』を例に挙げます。そこでは、LSIのオセロがデズデモーナを殺そうとするシーンで、彼が彼女をいかに抱きしめるかが描かれているのですが、これは単なる偶然ではありません。実際の例を考えてみましょう。LSI(夫)とEIE(妻)の夫婦が同じ家に住んでいるとします。妻のEIEが社交的な外向型ですから、夫のLSIは、妻が近所の人たちと関わるのに対して嫉妬を覚えることがあります。それに似たシーンが、シェイクスピアにもあります。「誰といたんだ?」LSIの夫は妻の首に手をかけながら答えます。妻は絶叫します。すると夫は妻を恐怖から解放します。SLEについて言えば、セックス中、IEIにはっきり正確に命令をすることがあります。SLEとLSIの鏡像関係はかなり複雑です。相手に合わせるために、SLEは自分を制御し続ける必要があります。これは疲れますがそうでもしなければ、SLEの①主導する機能Seによって、LSIは「ノイローゼ」になってしまいます。なおこれはEIEには欠けている機能です。LSIは、EIEから、気持ちを表情豊かにドラマティックに表され、自分のSeで主導できるように支援してもらおうと期待します。その一方で、彼らはもっとも信じられないような立場をとることもあります。異なるクアドラ同士が出会うと、相手の行動は、セックスも含めて、異常に見えるのですが、それに気づくと面白いです。だから、あるESI(ガンマ)の女性は、IEIの男性が自分をきつく抱きしめようとするのにかなりびっくりしたのです――彼女は「改めて彼を教育し」なければなりませんでした。

SLE(ESTP)の恋愛

Se-SLE(Seが強いESTP)の恋愛

大げさで予測不可能な行動をします。粘り強く、性には大胆です。コミュニケーション中は元気で、ユーモアがあります。とても情緒的であり、人の気持ちや人間関係を無視したり、人の利害を考慮にいれなかったりするきらいがあります。自分の気分と性的な態度のいずれにおいても、性欲が強く多種多様です。付き合うと独占欲が強くて注文が多くなりますが、思いやりをもち愛情を抱くこともあるでしょう。嫉妬深く自由奔放です。美食家で、さまざまな感覚を味わおうと努力します。どんなものでもオリジナリティを評価します。繊細で思いやりのあるパートナーが必要です。Se-SLEは、よく気が付き、誠実で頼もしく、主導権を完全に明け渡してくれて、家庭を持ったときには一緒になって秩序を作り勤勉に働いてくれる、そんなパートナーに感銘を受けます。

Ti-SLE(Tiが強いESTP)の恋愛

長い間相手の気持ちを疑い、様子を見る立場をとる傾向があります。感情をあらわすのはいくらか自制し、相手が主導するのを待ちますが、ただしそれをするのは極端なケースです。それから、Ti-SLEは優しく思いやりを持つようになり、セックスのテクニックを向上させようと努めます。心の中では、情にもろいです。非社交的で、傷つけられたことは長いこと覚えています。Ti-SLEは感じが良く柔軟で外交上手な人を必要とします。つまり愛情にあふれていて魅力的、陽気で楽観的な人です。

 

IEI(INFJ)の恋愛

Ni-IEI(Niが強いINFJ)の恋愛

主導権はあまりとらず、忍耐強くややシャイです。ロマンティックで、感情が高ぶっており、いつも大いなる愛を夢見ています。日常面では従順であり、要求されれば地に足をつけ勤勉であろうとします。セックスには勇気がありませんが、調和のために努力し、精神的・身体的な極地に至ろうとします。いくぶん自分に自信がありません。Ni-IEIは、意志と決断力があり、活発でエネルギーに満ちている、ユーモラスで、良い結果に自信を持てる人を必要とします。

Fe-IEI(Feが強いINFJ)の恋愛

とても情緒的です。自分の気持ちをたやすく芸術的に表現します。色っぽく、チャーミングで誘惑的、品があります。人間関係を見る目が肥えていて、礼儀を重んじます。自分に魅了されたパートナーの気力と主導力を引き出す方法をわかっています。そつがないですが、時々気まぐれで注文が多く、すぐに気分を害し、長くは続きませんがどんな些細なことにも腹を立てます。駆け引きや、長期にわたる準備期間が好きです。生活をしっかりと支えてくれるような、強くて忠実で地に足ついていて繊細で主導力のあるパートナーが必要です。

EIE(ENFJ)の恋愛

Fe-EIE(Feが強いENFJ)の恋愛

自分に自信がなく、疑ったり狂ったりしやすいです。セックスの主導権はとりません。パートナーの行動を分析したがります。かなり感傷的で、心の中はロマンティックです。愛する人といるときは、繊細で気を遣います。変わり映えのないことにはすぐに退屈します。安定した関係のために努力し、愛情を絶やさないよう、関係性に敏感であろうとします。とても感受性が強く、無礼で不適切な行動は許しません。まじめで動じず、正しくて自制心のあるパートナーを必要とします。Fe-EIEは、働き者で物知りで、何を望んでいるのかをわかっており、どんな疑いも思いとどまらせることができる人に感銘を受けます。

Ni-EIE(Niが強いENFJ)の恋愛

自分の魅力を強く感じており、しばしば物事を脚色します。愛する人を理想と考えたがります。たとえ感情面での互恵を確信していようが、時々反抗的で予測できない行動をします。性生活は独創的で情熱的で性欲が強いかもしれませんが、突然傲慢で冷淡になり、浮気したがります。とても繊細で情緒的で、すぐに腹を立て、嫉妬深いです。感情がさまざまにうつりかわり表情豊かです。感情を内に溜め込もうとするので、交流したり喧嘩したり仲直りしたりして定期的に発散させなければいけません。Ni-EIEは気遣いができ、忍耐強く、適度に情緒的で、主導権をとるパートナーが必要で、そういうパートナーに落ち着けてもらったり元気を出させてもらったり、自分の感情に自信を感じさせてもらったり安心させてもらったりしなければなりません。

LSI(ISTP)の恋愛

Ti-LSI(Tiが強いISTP)の恋愛

明確で確実であるために努力し、感情は表現しないようにします。安定した関係を目指し、喧嘩には我慢できません。疑ったり不信感を覚えたりしやすいです。パートナーといるときは思いやりを示したり、ちょっと喜ばせることをしたり、プレゼントをしたりします。繊細で優美なパートナーが必要です。なぜならTi-LSIはセックスにおいてはどちらかといえば直線的で単純で、感情表現に関しては、ポジティブな感情であろうがネガティブな感情であろうがかなりぎこちないからです。気遣いができて思いやりがあり、自分の意志をTI-LSIに押し付けようとしないパートナーが必要です。こういう人は、信念に従い、すべての要求を果たすはずです。

Se-LSI(Seが強いISTP)の恋愛

思いやりがあり、気遣いができ、積極的にアプローチはしますが、セックスはどちらかと言えば単調です。褒め方と親密な関係の築き方を知っています。情緒的で、短気で、決断力があり、時々とげとげしくぶっきらぼうです。忍耐強くがんこで、どんな手段を使っても目的を達成することができます。性欲の強い情緒的でロマンティックなパートナーが必要であり、こういう人といれば退屈しないでしょう。人と柔軟に関わることができる人がいいです。こういう人は、感情の発散の仕方、許すことで怒りをためない仕方をわかっています。