いざよいブログ

MBTIと混同されているソシオニクスの誤解を解くためのブログ。

SEE(ESFP)の適職・働き方を紹介!避けるべき職種とは?

ソシオニクスのタイプごとに、向いている職業や働き方など、仕事についてまとめてきました。今回はSEE(ESFP)の適職・働き方について紹介していきます。転職活動や就活など、自分を振り返るためのヒントになれば幸いです。

LSI(ISTP)の適職・働き方とは?おすすめの職種も紹介。

お待たせしました。ソシオニクスの各タイプの適職や働き方についてまとめてきました。今日はLSI(ISTP)の適職・働き方について紹介します。自身のキャリアについて考える際の参考になれば幸いです。

コメ返し②「ISTPがINFJと仲直りするにはどうすべきか?」等

あけましておめでとうございます。シリーズ途中の半端なところで更新が途絶えてしまい申し訳ありません。ひとまず大きな山は越えたので、また時間があるときに再開していきます。今回は先にたまりにたまっていたコメント返し第二弾行きます。

EIE(ENFJ)の適職・働き方とは?おすすめの職種も紹介。

ソシオニクスのタイプ別に適職や働き方の特徴についてまとめています。前回はIEI(INFJ)を紹介しました。今回は、EIE(ENFJ)の適職・働き方についてまとめました。就活や転職の参考にしてください。

IEI(INFJ)の適職・働き方とは?管理人の就活経験談付。

前回はSLE(ESTP)の適職と働き方について紹介しました。今回紹介するのは、IEI(INFJ)の適職・働き方についてです。私自身IEIですので、最後に一瞬やっていた就活経験談を載せておきます。多分参考にならないと思います。

SLE(ESTP)の適職・働き方とは?男女別の適職も紹介。

ソシオニクスのタイプごとの仕事スタイルをまとめています。前回はLII(INTP)の働き方や適職について紹介しました。今回は、SLE(ESTP)の働き方・適職についてまとめていきます。就活や転職活動の際の参考にしていただければ幸いです。

LII(INTP)の適職・働き方とは?おすすめの職種も紹介。

前回はソシオニクスの1タイプであるESE(ESFJ)の働き方と適職について紹介しました。今回はESEと正反対のタイプでありながら相性が良いとされる、LII(INTP)の働き方と適職について紹介していきたいと思います。

ESE(ESFJ)の適職・働き方とは?男女別の適職も紹介。

ソシオニクスでも、MBTIなど他の性格診断同様、適職や働き方について研究している研究者は何人かいます。前回はSEI(ISFJ)の適職について紹介しました。今回は3回目、ESE(ESFJ)の働き方・適職について紹介します。

SEI(ISFJ)の適職・働き方とは?おすすめ就活サイト付。

前回はILE(ENTP)の適職について紹介しました。今回は、SEI(ISFJ)の働き方・適職、そして私の周囲の人の就活事情について紹介していこうと思います。就活や転職活動の際の参考にしていただければと思います。

ILE(ENTP)の適職・働き方とは?おすすめの就活サイトのレポ付。

今回は、ILE(ENTP)の働き方と適職について紹介します。ソシオニクスでは、MBTIやその派生に比べると、具体的な業種についてはあまり言及がされていないのですが、就職・転職活動の「軸」を決める際に参考にしてくださればと思います。

コメ返し①「管理人はINFJではなくENFPではないか?」等

コメント返しが滞っておりご迷惑おかけしております。今回から様々な事情を加味し、まことに勝手ながら、コメント返しを記事内でまとめて行うことにしました。興味深いコメントも多いので、みなさんぜひ参考にしてください。

機能の「不活性/活性」とソシオニクスのサブタイプ

MBTIと違い、ソシオニクスのタイプにはサブタイプというものがあります。たとえば同じEII(INFP)でも、Fiが強めのFi-EIIと、Neが強めのNe-EIIがいるという考え方です。今回はこのサブタイプについて掘り下げていこうと思います。

ベータとガンマのクアドラに共通する8つの特徴をまとめた。

前回、アルファ・クアドラとガンマ・クアドラに共通する特徴8つを紹介しました。今回は、ベータ・クアドラとデルタ・クアドラが持つ特徴を、これまた8つ紹介していきます。

アルファとデルタのクアドラに共通する8つの特徴をまとめた。

こんにちは。自分のタイプがわからないときにクアドラから考えるのは1つ有効な方法です。今日は、Reininにより発見された、アルファ・クアドラとデルタ・クアドラに共通する特徴を8つご紹介します。

双対関係カップルのすすめ⑧~LSEとEIIの愛の形~

愛の形の違いに着目しながら、双対関係の恋愛についてたどっています。本日がシリーズ最終回です。今日は、LSE(ESTJ)とEII(INFP)の双対関係の恋愛についてまとめていきます。

SLEとIEIの双対関係はなぜ失敗に終わってしまったのか。

たびたび登場していたSLE(ESTP)氏と実は去年の10月から結婚前提で交際してきましたが、様々な事情から揉めまくり、破談になってしまいました。今回は、相性抜群とされる双対関係がなぜ失敗に終わったのか考えていきます。

双対関係カップルのすすめ⑦~IEEとSLIの愛の形~

Meged&Ovcharov夫婦に依拠して、8つの愛の形という視点から双対関係の恋愛についてまとめています。シリーズ7回目は、IEE(ENFP)とSLI(ISTJ)です。この2人による双対関係の恋愛について紹介していきます。

双対関係カップルのすすめ⑥~LIEとESIの愛の形~

前回はSEE(ESFP)とILI(INTJ)の双対関係の恋愛をまとめました。今回も、愛の形の違いに焦点を合わせて、LIE(ENTJ)とESI(ISFP)という双対関係の恋愛を紹介していきたいと思います。

双対関係カップルのすすめ⑤~SEEとILIの愛の形~

シリーズ5回目です。前回はEIE(ENFJ)とLSI(ISTP)の双対関係の恋愛を紹介しました。今回も、愛の形の違いにフォーカスしながら、SEE(ESFP)とILI(INTJ)という双対関係の恋愛をまとめていきます。

14年ぶりに当たると評判の霊能師に鑑定をお願いしてみた。

友人が霊能師に会ってきたという話を聞いて興味を持ち、いてもたってもいられず近所の霊能師に予約をとって、私も霊視鑑定を受けてきました。今回は、そのレポをしていきたいと思います。

ソシオニクスの本って何がある?入門書のおすすめは?

時々こう聞かれることがあります。「ソシオニクスの本って何がおすすめですか?」調べた限り数は結構あるのですが、そのほとんどがロシア語です。そこで今回は、ロシア語よりは難易度が低いと思われる英語版の入門書を紹介します。

双対関係カップルのすすめ④~EIEとLSIの愛の形~

ソシオニクスでは、EIE(ISTP)とLSI(ISTP)は双対関係として、最高の相性とされています。この双対関係は恋愛に限らないのですが、今回は愛の形にフォーカスして、このEIE(ENFJ)とLSI(ISTP)の双対関係についてまとめていきます。

双対関係カップルのすすめ③~SLEとIEIの愛の形~

ソシオニクスで最高の相性とされる双対関係の恋愛のあり方について紹介します。今回は、SLE(ESTP)とIEI(INFJ)のカップルについて、2人の愛の形にフォーカスしながらまとめていきます。

双対関係カップルのすすめ②~ESEとLIIの愛の形~

前回同様、ソシオニクスで最高の相性とされている双対関係のカップルを紹介します。今回はESE(ESFJ)とLII(INTP)についてです。愛の形の違いにフォーカスして、このESE(ESFJ)とLII(INTP)の恋愛を見ていきます。

双対関係カップルのすすめ①~ILEとSEIの愛の形~

ソシオニクスでは、ILE(ENTP)とSEI(ISFJ)は双対関係とされ、最高の相性とされています。この双対関係は恋愛に限らないのですが、今回は愛の形にフォーカスして、このILE(ENTP)とSEI(ISFJ)の双対関係をまとめていきます。

祝!開設3年にしてようやくブログ名とHNが決まりました!!

ブログを開設して3年経とうというのにブログタイトルもHNも決まっていませんでした。決め方がわからず先延ばしにしていたのです。しかしこのたび、管理人「memai」による「いざよいブログ」として出発することになりました。今後も管理人memaiといざよいブロ…

8通りの愛の組み合わせ~良い相性、悪い相性~

こんにちは。前回と前々回で、MegedとOvcharov夫婦(IEEとSLI)による8通りの愛について紹介をしてきました。この夫婦はこの8通りの愛の相性についていくつか言及していますので、今回はそちらを紹介していきます。

8通りの愛(後半)~アガペ―、フィリア、エロス、ビクトリア~

前回、MegedとOvcharov夫婦による8通りの愛の半分、ストルゲ、マニア、アナリタ、プラグマの紹介をしました。今回は前回紹介しなかった残り半分、アガペー、フィリア、エロス、ビクトリアの紹介をしたいと思います。

8通りの愛(前半)~ストルゲ、マニア、アナリタ、プラグマ~

以前タイプ別の恋愛スタイルについて記事にしたことがありますが、MegedとOvcharov(IEEとSLI)夫婦は、愛には8つの形があると言っています。今回と次回で、この8通りの愛の形について紹介していこうと思います。

ソシオニクスは「ILEバイアス」って本当?

性格類型に触れていると必ずぶちあたる壁、それがバイアスです。ソシオニクスは「みんな異なる視点から世界を見ている」ことが前提なのでバイアスバイアス言うのは不毛と思いますが、そもそもソシオニクス自体「ILEバイアス」という説があります。